クルマの車種の中でスポーツカーは刺激的です。

車選びでライフスタイルが変わる!
走るために生まれてきた、と言えるのがスポーツカーだからです。

クルマの基本は、走る、曲がる、止まるの三つの要素が優れていないと行けません。スポーツカーはこの三つを完全にクリアしている車種だと言えるのです。

多くのスポーツカーはDOHCエンジンが搭載されます。
このエンジンは吸排気効率が一番良いと考えられているエンジンなのです。

エンジンはコンロッドの長さでロングストロークとショートストロークに分けられますが、ショートストロークエンジン尾方が高出力で高回転のエンジンとなります。
スポーツカー向けのエンジンはほとんどがこのタイプです。

スポーツカーの基本はレーシングカーになります。
無駄な物をすべて廃して、軽量化を極めてのがレーシングカーだと言えるのです。

そのため、室内の装備は基本的に豪華ではありません。カーステレオなどもオプションなどが多いようです。

足回りは、走りを極める作りになっているので、乗り心地は良くはありません。堅めの乗り心地が基本です。

かといって、暴走族が乗るクルマのゆに、段差で飛び跳ねるようなことは絶対にありません。路面を的確に捉え、常に路面を確実に捕らえるしなやかな足回りが装着されているはずです。

止まるに関しても、ノームルブレーキに比べて、軽量で制動力の高いブレーキが装着されています。
ディスクに穴を開けて軽量化に努めていいるモノやスリットを入れ手放熱性に直ぐら他ブレーキが装着されるなど、すべては走りの性能を高めるための物です。

お勧め情報